日中学生会議



日中学生会議とは


日中学生会議は、外務省・(社)日本外交協会共催の全国学生国際問題討論会「ザ・フォーラム」の入選者により発案されました。日中関係に関心のある日本人学生有志が1986年に実行委員会を設立したのが始まりです。「日中友好へ、学生の挑戦。」という理念の下、グローバルな視野で世界の課題について議論し、幅広い価値観を持つ人材となるべく学生が集う場所です。学生同士の草の根の活動ではありますが、妥協のない対話を通じて相互理解を促し、日中学生会議の成果を日中、ひいては世界へと波及させるべく取り組んでいます。 1987年夏、中国・北京において第1回日中学生会議を開催し、新型コロナウイルスの影響により対面で開催できないこともありましたが、オンラインなどを駆使し、交流を続けてきました。この度第43回目の開催となります。


第43回日中学生会議


第43回日中学生会議の実行委員は2023年11月に発足しました。

今期は本会議中に蘇州、上海、大阪、広島、東京の5都市を訪れます。

詳細はぜひこちらのページをご確認ください。


第43回日中学生会議 日本側参加者募集 


今期の募集は終了しました。

毎年9月に実行委員の募集、3月に参加者の募集を行っております。